スプリング・エフェメラル

投稿者: | 2016年2月23日

160222_fukujusoh

「スプリング・エフェメラル」、というのだそうです。
春のかげろうのような、はかない命。

福寿草というと、まだ寒い時期に土から顔を出す、力強いイメージがありますが、
それは実際そのようで、
ただ、地上で花を咲かせる時期が短い、ということのようです。

春先に花をつけ、夏まで葉をつけると、あとは地下で過ごす。
つまり、根が発達している植物なんですね。
しかもその根には毒性がある。

枯れ草の中の鮮やかな黄色が、地を這うたんぽぽと見間違いそうですが、
太陽が当たると花が開き、日が陰ると閉じるので、
なかなか開いた姿にお目にかかれません。

160222_chabo01

ところで、
かねてからニワトリを飼って卵を自給したいと思っていたのですが、
出雲の友人の知り合いからチャボをもらえることになって、
急きょ、トリ小屋を作らなくちゃいけなくなった。

ウチは基本、自給自足なので、
ニワトリさんも自分のエサぐらい自分で何とかしてもらいたい、
とかねがね思っていたのです。

それがうまい具合に、
今度もらえるチャボは、現状野放し状態で自然繁殖している強者のようなので、
渡りに船というか、天井から目薬というか、土瓶にフタ無しというか、
つまり、ノラ飼いする条件は整っているわけです。

しかしまぁ、いきなり転居させられて慣れない所だし、
新たな天敵に、いきなり襲われても対処できないだろうからと思って、
マイホームのトリ小屋を作ってあげることにしたのでした。

とりあえず、
柱にする2×4材と金網と屋根に塗るペンキを買ってきた。
後は、その辺に転がっているものをつなぎあわせて作るつもり。

つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)