今月の風景<2016年8月>

投稿者: | 2016年8月4日

あっという間に、もう8月。
この辺りは、お盆が来れば朝夕がぐっと冷え込むといわれます。
海はないけど、山の短い夏をしっかり満喫したいね。

※自動再生しますが、画面左右の矢印で写真を繰ることもできます。

  • ヒマワリロードができました。これで今年もまた種がたくさん採れます。搾ってみたい。
  • 背の高いのは3m超えも。でも場所によっては細くて小さいのも。いろいろあって楽しい。
  • にんじんの葉っぱがしゃわしゃわでてきたよ。この炎天下、水もあげていないけど、朝露だけでがんばってます。
  • ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)。またの名がモントブレチアというのだそうです。繁殖力が強い外来種として嫌われているようですが、いいですよね。
  • もう何年もつないできた淡い紫の朝顔。うしろすがたもいいですね。
  • こちらは小さなブルーのラッパ朝顔。大きくて派手なのよりは、楚々として静かに咲いている花のほうが愛おしい。
  • 赤い花がヒメヒオウギズイセン。下のピンクの花が夏水仙。この辺り、冬はあまり水仙を見ないけれど、夏に咲く水仙もどきが多いようです。
  • 真紅のカンナさん。
  • オクラの花。
  • わたの花、開いた時はハンカチ落とし。
  • わたの花、しぼむ時にはピンク色。
  • カボチャの花。ここはあんまりカボチャが育たないようですが、他の野菜があまり育たない粘土質のところで、意外と調子よくツルを伸ばし実をつけています。
  • トマトはぐんぐん伸びた割には実があまりつかなかったようです。でも、成った実はどこのトマトより味が濃くておいしい。脇芽をあちこちに挿したので、まだこれから秋にかけて期待できます。
  • 胡麻。下から上に、次々と花を咲かせては実をつけています。ラッパ型の花に、丸っこい蜂が体ごと潜り込んで蜜を取っている様子がおもしろい。
  • トタン屋根のペンキ塗り。なかなか思うようにはかどりませんでしたが、やっと終盤にさしかかってきました。
  • 最初は雄花ばっかりだったけれど、ようやくあちこちにゴーヤの実がついてきました。
  • 山芋の雌花が実になってハートの葉っぱのネックレスみたいにぶら下がっています。
  • 突然の夕立ち。夏らしくていいんだけど。畑には恵みの雨だけど。今日で終わるはずだったペンキ塗りが中断。まぁ、いいか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)