せんじがら

投稿者: | 2017年2月18日

何だかここ2,3日はとても暖かくて、
もう冬なんか終わったような陽気です。

でも、まだ2月ですからねぇ。
ちょっと油断をさせておいて、また雪でも降らすつもりです。

しかし、空が青くて、
時折、春の突風。
やっぱり、春は近づいているようですね。

あまりに寒くて中断していたウチのリフォーム。
そろそろ続きをやらなきゃなぁ、と思い始めた今日この頃です。
やり始めると止まらないけれど、
いざ動き出すまでがね、
ちょっとパワーが必要です。

蔵から掘り出てきたものを、さらに使い続けていたミルクパン。
何十年もので、使って洗ってすり減って、薄さ0.何ミリになっていました。
それでも捨てるのはしのびないなぁ。

昔は、なべ修理と包丁研ぎのオジサンが、
町中を自転車で流していたけどね。
今日び、アルミなべを直してくれるような人なんて、
もう身近にはいないですよね。

アルミ用のハンダとかも売られているようですが、
500円も出せば新しいミルクパンが買えちゃいますからね。

しかし、リペアで使い倒すような文化が廃れていくような国は、
気がつくと滅びていたりするんでしょうね。

 

それはそうと
広島あたりのサービスエリアに行くと、
「せんじがら」という酒のツマミのようなものが売っています。

豚の胃とか、ホルモンを油で揚げてから干すのだそうです。
肉の小片なのですが、
ジャーキーともちょっと違って、
この間買って食べてみたら、噛めば噛むほど味が出て、
結構おいしかった。

で、ちょっと作ってみようかと。

先日、近くの猟師さんにもらったイノシシの肉。
たぶんモモ。
ホルモンよりだいぶ高級です。

これをまず、おつまみサイズに切り分けます。

にんにく、生姜のすりおろしをしっかり揉み込みます。
豆板醤を少々。
塩と赤ワインに、醤油で風味付け。

何だか、このまま焼肉で食べてもおいしそうだ。

それをたっぷりのごま油で炒め揚げしてから、
いつもの燻製器で乾燥。

乾燥だけだから、チップは要らないかと思ったけれど、
まぁ、せっかくなので、
今日はビワの葉とユズの葉で。

最後に天日乾燥させて出来上がり。

お味はどうかって、
そりゃ、ウマイに決まってまんがな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)