今月の風景<2017年2月>

投稿者: | 2017年3月1日

福寿草が春の訪れを伝えています。
確かに日中は春の陽気で、動いているとTシャツ一枚でも平気なのですが、
日が陰ると風は冷たく、午後の3時も過ぎれば急に冷え込んできます。
ちょっと油断をしたらすぐにキャッチコールド。
朝にはまだ霜が降りたり、氷が張ったりしています。
水を触れば手もかじかむし、リフォームも休止したまま。

でも、草木花はすごい。
寒いうちから、土の中では春の準備に余念がありません。
人間も、そろそろ重い腰を上げないとなぁ。

※自動再生しますが、画面左右の矢印で写真を繰ることもできます。

  • 青空に梅の花。この木は小梅。今年はたくさん実が付くといいな。
  • キリの木はもろいので、風や雪でよく枝を落としています。
  • 先月は赤い実をたくさんつけていたピラカンサ。いつの間にか実のひとつだになし。鳥に食べられたのかな。
  • 昨年思い切り剪定したベニカナメモチ(レッドロビン)。もうこんなに枝が伸びてきた。1年に3回ぐらいこまめに剪定するのがいいようです。面倒くさいヤツ.
  • 凛とした黄花。春の訪れを体現するような福寿草。毒草だけど。陽の光に応じて花弁が開いたり閉じたりします。
  • ゴハンを食べてひとだんらくのミーニャ。
  • 木瓜の花がもうすぐ開く。
  • オオイヌノフグリ。春を呼ぶ可憐な青い小花。しかし、どう見ても子犬だけどなぁ。
  • 蝋梅はもうピークを越えた様子です。
  • 青空に映える梅の花。
  • 雪の重みで電線にしなだれた竹。もう大雪はないかな。そろそろ切って整理するか。
  • 蔦性のツルが絡まって、竹の根本を切っても1本の竹がなかなか倒れてくれない。
  • 福寿草の増殖。
  • 今日も今日とて薪割りの日々。乾いている薪が手に入るので、割れば使える、有り難い。
  • このあたりのスイセンはかなりおくてでまことに慎ましやかです。
  • 日陰のところ、まだ朝は氷が張る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)