トマトハウス温室、その2。

投稿者: | 2017年3月20日

やりかけたまま気になっていたトマトハウス温室。
種を蒔いたり、薪割りをしたりと、
田舎暮らしには、いろいろ優先順位があったりして、
ひとつの事を続けてやり通すことがなかなかできません。

でも、今日はこれを仕上げようと思って取りかかりました。
材料が足りなくなると、その都度竹を切りに行ったりするので、
なかなか前に進まない。

でもまぁ、屋根のトラスが組み上がって、
これでだいたい柱立ては完了です。

そうして、透明のポリエチレンフィルムを張って出来上がり。

何故か納屋に残されていた防湿シート。
幅が6mもあるので、何と屋根も継ぎ目なく一枚で張れます。
こんなもの、わざわざ買ってきてまで作ることはないので、
とっても役立っています。

しかし、すだれ仕様にした入り口の扉が、
このままだとちょっと風でバタバタしそうなので、
もう少し工夫が必要です。
今日はここまで。

ここでは、トマト、きゅうり辺りの夏野菜の苗を育てるつもりですが、
いや待てよ、中に棚を作って、
イネの育苗にトライしてみるのもいいかもしれない、
と思ったり。

今年はがんばって、稲作に復帰したいと思っています。

しかし、リフォームもやり始めたところ、
道半ばだしなぁ。

まぁ、あちらを立てればこちらが立たずが世の常で、
哀しいかな、人一人できることしかできません。
これはもう、甘んじて受け入れるしかないことですね。

無理せず、楽しみながら、
今日一日、できるだけのことをやって良しとしましょう。

そうそう、
ブッポウソウの巣箱が、今日ウチの庭に設置されました。
観察するのにちょうどロケーションがいいのだそうです。

巣箱の様子はセンサー付きのカメラで見ることができます。
ウチの下の公民館にそのモニターが置かれているので、
今年はいつでも見ることができるようになります。

鳴き声は下品だけど、とてもキレイな鳥ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)