イセ、コシも出穂。

投稿者: | 2017年8月5日

 

イセヒカリが穂を出した。

 

 

コシヒカリも穂を出した。

アキタコマチが7月下旬の出穂で、
イセとコシがその10日遅れぐらいの出穂か。

 

 

アキタコマチは、早いのが少し頭を垂れ始めた。

 

 

アキタコマチの穂波。
溝側である程度水も足りているところでこんな具合。
明らかに分けつが少ない感じです。

苗の状態もほどほどだったし、草取りも文句なし。
全体的に水が行き渡っていないのは来年の課題として、
ここまで分けつが貧弱なのは、
やっぱり、土壌がかなり疲弊しているんだろうな。

 

 

こちらは緑米。
赤、黒、ミドリ、カオリと、古代米の方はまだこれから。

川に近い方の畝は、
今年レンゲやクローバーが繁茂していたので、
土も少しは力をつけてきたのかなぁ。

この様子じゃ、今年の収獲はあまり期待できそうにありませんが、
来年の種取りメインで、イネの様子をよく観察しておきます。

水対策のことはいろいろと考えました。

やっぱり代掻きをしないと無理かなぁ、とか。
でも機械を買う気なんて毛頭さらさらないし、
田起こしや代掻きをわざわざ人に頼むのも、何やってることやらだし、
と思って、先日畦板を購入することにしました。

コメリで7月中セール品だったので、160枚を発注。
で、すぐに敷設しようかど思ったのですが、
うーん、今年はもうこれで様子を見ることに。

来年はこちらを休ませて、
緑肥とかも試して見た方がいいかな、とか。

そうして、来年は隣の圃場で作付けをしようと思います。
冬の間にちゃんと溝を掘って、畦板を敷設して、
万全の体制で春を迎えたいと思っています。

ま、今思ってるだけだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)