コスモスっちゅうやつは

投稿者: | 2017年9月18日

 

コスモスはほんま、キレイでええねんけどな。
ちょっと風が吹いたら、あっちゅう間に倒れよるとこが、
もー何ともいえん、へたれなんやなぁ。
そないに背え高ぉ伸ばすんやったら、もぉちょっと根ぇしっかり張っとかんかいな。

そんなガラばっかりでかいくせに、なんで根ぇがそんな浅いんや、っちゅうねん。
わけわからへんやろ。
ほんなもん、誰が見てもあかんのん決まってんがな。わかったぁるがな。
そんなん台風なんかきたらイチコロやで。

ほんまにもう、コスモスっちゅうやつは、ええ加減にせなあかんわ。
ほらな、一回種植えたら、毎年ほっといてもその時期になったら生えてくる、っちゅうのはええわいな。
自分でバンバンできるっちゅうのは、どこに出しても恥ずかしない、ええ心がけや。
何事もひとりで全部できるようになって、はじめて一人前やからな。

ほんでもや。
ひとりで大きぃなったんやったら、そのまま最後までちゃんとやらんかいな。
背ぇ高ぉなるんやったら、
それに合わせて根ぇもしっかり張るんが普通の考えちゃいまっか。
そこがわからへんとこや。

 

 

とりあえず背ぇだけ伸ばしとけ、後は何とかなるやろ、
ってその考えは通用せえへんで。
これから花いっぱい咲かせたろっちゅう時にやで、
風に吹かれてコテン、ってひっくり返って、どないすんねん。
ボブ・ディランやないで。

そらな、毎日風も吹かへんようなええ天気ばっかりやったらええわいな。
春やのにコスモスみたい、っちゅう感じや。
ほんでも、よぉ考えてみぃや、あんさん花咲かす時、秋のまっただ中やで。
秋っちゅうのは風が吹くもんや。
台風のひとつも来るのが当たり前や、そやろ。
そんなもん知らんかったや言わさへんで。

まぁ、さすがに昨日はな、
この辺ではちょっと大っきい目の台風やったかもしれへん。
それにしてもや、日頃の心がけっちゅうもんがあるんとちゃいまっか。

 

 

まぁ、予想はできたけどな。
こりゃぁ、倒れるんちゃうかいなぁ、と思とったら、
案の定、このザマや。

自分でよう起きもせんくせに、気軽に倒れけつかって、
ゴメンですんだら、ケーサツいらんっちゅうねん、ホンマに。
この後始末どないしてくれんねん。

ま、確かに、種を蒔いたんはワシや。
道端にコスモス畑っちゅうのも、こらぁなかなかハイカラやなぁ、
そう思て、確かに種は蒔いたで。

ほんでも、いっぺん蒔いたら、あとは自分で最後まであんじょうやってぇな。
「しっかりせよとー、抱き起こしー」って、軍歌の文句やないで。

長ぁいのがあっちこっち好きな方向いて倒れとるもんやさかい、
こんなもん、ひとっつつ起こすの、えらいたいへんなんやで。

今さら全部切り倒すこともでけへんしなぁ。
杭立てて、ヒモで縛って回って。
ゆーても、やるからにはちったぁ見栄えようせんとあかんしなぁ。

コスモスはんは気楽でよろしいなぁ。
ほんま、後先考えんと伸びるだけ伸びよってからに。

後始末、結局わいが全部せなあかんやん。
世の中いったいどないなっとんねん。
総理大臣、かけうんどん食べてんと、出てこいっちゅうねん。

わかった、わかったて、わかりました。
ワシがやるがな、やったらええんやろ。

カー、
ホンマに殺生やで。

 

 

ということで、台風の後始末。
ウチの周りはコスモスぐらいで、ほとんど被害がなくてよかったです。

田圃の稲架掛けも、ビクともしていません。
さすがやなぁ。

 

 

でも、脇の川をのぞいてみたら、
すごい勢いの濁流。
揚水ポンプ、念のためにとホースを引き揚げておいてよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)