台湾が熱い、・・けど。

投稿者: | 2014年3月31日

 

台湾では今、学生が立法院(国会)を占拠しているのだといいます。
馬英九総統が中国との自由貿易協定に関する法案を強行採決したことが原因で、
それに怒った学生たちが立法院内に入って占拠し、現在まだ膠着状態だそうです。

議場が民衆によって占拠されたのは台湾の歴史上初めてとのこと。
また、立法院の外にも学生たちを支持する市民がたくさん集まり、
台湾最大野党の民主進歩党なども学生と歩調を合わせているといいます。

この貿易協定に関しては、
中国の巨大資本による台湾の中小企業の淘汰や、出版や言論の自由侵害への懸念など、
中国側がもくろむ「中台統一」に利用されかねないとの不信感が市民にあるといいます。

これって、どこかで聞いた話。
そう、日本とアメリカとの貿易協定、TPPとまったく同じですよね。

今回の立法院占拠について、
台湾の世論調査では、総統は学生の対話要求に応じるべきだと83%の市民が考え、
約70%の市民が、学生運動の支持を表明しているのだそうです。
熱いですね。

それに引き換え、日本はどうなんでしょう。

自分たちの国のことなのに、政治に関心がないというか、面倒なことは考えたくないのか。
TVや新聞に洗脳されて、目先の仕事と消費のことで頭がいっぱいなのか。
何だってどっちでもいいや、という感じで済ませてしまっているところが恐い。

あまりにも平和で、お金も少しはあって、ただただボケてるようにしか見えないけれど、
何だかもう、何を言っても甲斐がない馬鹿息子を愚痴るようで、
怒るより前に情けなくて、不憫です。

日本だって、安倍政権以降は金融と紐付きの大企業優遇の愚策で、
庶民にとっては、消費税は上がるし社会保障の負担は増えるし、所得は減るし、
無駄に近隣諸国との緊張関係だけ高まるし、まったくもっていいことなしです。

3.11以来、目に余る言論統制のようなことも平気で行うようになったし、
何だかアメリカの後追いばかりで、じゃぶじゃぶと経済破綻への道をまっしぐら。
あー、こんな国、早く潰れちゃえばいいのに。

そういう気持ちになってしまう。
自分の国が大切に思えなくなるというのは、自分の家族をなじるようで、
やっぱり気分も悪いし、哀しくなる。

だから思うんだけど、
もう、あんまり自分の国だとか分けて考えるのはやめて、
今は身体の一部がちょっと(だいぶ?)病んでるんだと思って、
日々の食事や生活習慣のことを考えて、自分でできることをちゃんとする。

遠いようだけど、
誰かが言ってやんなくちゃ分かんないじゃないかと考えるのも分かるけど、
やっぱり、馬鹿は殴っても分かんないんだと思う。
すぐに分からせようと思う気持ちが、ちょっと不遜なんじゃないかと思う。

じゃ、どうすればいいんだということだけど、
結局は、みんなが自分の在り方を「一」に戻して、
一人ひとりが自分の生き様をちゃんと考えるしかなくて、
それが一番の近道なんだと思う。

勝ったり負けたりというのは、長い歴史の上での結果論でしかないんだと思う。
はがゆいけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)