しいたけの駒打ち

投稿者: | 2018年3月3日

 

たくさんもらってきた生木の中に、
ホダ木に使えそうなナラやクヌギらしきものがあったので、
しいたけの原木栽培をやってみることにした。

種駒というのが、これが結構高いもので、
ホームセンターに売ってあるのが、100個入りで528円。
ま、試しにやってみるのに100個もあれば充分か、
と思って買ったのだけれど、
生木がたくさんあるので、後に500個入り1580円を追加購入。

 

 

たくさん打ったほうが、菌の広がりもいいということで、
割りと密に打ち込んだら、最初の1本で100個以上使ってしまった。
だから結局、600個の駒菌でできあがったホダ木は5本だけ。

 

 

種駒の菌糸がよく広がるように、
これを梅雨前まで保湿管理します。

水をたっぷり撒いて、わらを被せて、
ビニールとブルーシートでくるんで仮伏せ。

 

 

本伏せは、向かいの竹藪にでも持っていこうか。

成果がみられるのは、早くても2年目の秋。
元が取れるのやらどうやら微妙ですが、
ま、忘れた頃にシイタケにお目にかかれれば、
それは、ちょっと得した気分になれるかもしれません。

でも、ここは冬が極寒だからなぁ。
環境適応してくれるといいんだけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)