ティンボア

投稿者: | 2018年12月23日

さて、土壁の修復から、
それが乾くのを待って、
シーラー塗布、珪藻土の下塗り、上塗りを完了。

こうして、天井、壁が完成したので、最後に床です。

根太に直張りしてあったコンパネは、接着剤が湿気でゆるんで、ぐたぐた。
こんなところにコンパネを貼るもんじゃない。

それを剥がすと床下の様子がよくわかります。
床下はいちおう乾いているのだけれど、雨が降ったりすると、
湿気がこもるんだろうと思います。

大引や根太も、見た目には大丈夫なようだけれど、
触ってみると、結構スカスカのところがあります。
束と根太はほぼ全取替した方がいいみたい。
シロアリかなりやばいです。


部屋の中ほどに囲炉裏跡を発見。
何だかそのへんの石ころを泥で固めて作ってある。

いつのものだかわからないけど、結構原始人的な囲炉裏跡。

さて、シロアリ。

隣の部屋はさほど気にならなくて、
特に何もせずに済ませたので、今さらなんだけど。
こちらの床下はかなり危険な状態なので、やっぱりシロアリ対策を。


でも、さすがに猛毒のシロアリ駆除剤は使いたくないので、
いろいろ調べてみると、いいのがありました。

「ティンボア」


これ、 木材の腐朽菌やシロアリ等の害虫を死滅させ るが、人には無害。
その有効成分は時間が経つとともにより深くまで浸透し、
長期間の防腐、防虫効果が期待できる。
しかも安い。

うーん、いいことづくめじゃありませんか。

成分はホウ酸。
ということは、ゴキブリだんごと一緒なんですね

でも、木材に塗るには水溶液にしないといけません。
普通に売ってるホウ酸だと、有効な濃度まで水に溶かすことができない。
そこで、「ティンボア」という水溶性の高いホウ酸塩の商品。

これなら水に溶いて木に塗るだけ。簡単です。

こちらは大引。

一部がシロアリにやられてスカスカになっていたので、
そこを切り落として、ストックの材の切れ端をついでいます。

結局、大引きはここと、一番奥の一本だけ新調しました。

床下は結構低いので、鋼製束もいちばん低いサイズ。
風通しだけは確保したいので、
これまでなかった床下換気口を、一間にひとつくらいつけてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)