いきつけのレストラン

投稿者: | 2019年8月20日

・・・ちょっと電話口まで呼び出してほしいんですよ。はい。
今ね、ちょうど首相とお話しをされてるところだと思うんですけど、急ぎで伝えたいことがありましてね。
あの、いきつけのレストランのものだといえばわかりますから。はい。
ああ、「何でです?」っていう名前のレストラン。・・・

っていうところまで横で聞いていて、目が覚めた。

「何でです?」
って、なんて斬新な名前のレストランなんだ。

ところで、
ウチの居間続きの四畳の部屋が、いつも湿っぽい感じでした。

長い間、物を置いておくと、いつも底が黴っぽくなる。
何故だろうと思って、畳をはがして床下を覗いてみると、
縁側の下のところに、間仕切りのような板がずらっと打ち付けてありました。

「ははぁ、こいつが通気の邪魔をしていたのか。」

その板は、ハンマーで叩いても剥がれなかったので、真ん中から電動ノコギリで切断。
何せ床下の手の届きにくいところ。こういう時には電動ノコギリが本当に便利。
実は前のBlack&Deckerのが壊れたので、これはRyobi製の二代目。

間仕切りの板をすっかり取り除くと、通気口から風がサーっと入ってきました。

これでたぶん、湿気溜まりは解消するはずです。

処置の後は、お決まりのゼオライトを敷き詰めた。

そうして、根太の間には50mmの断熱材を入れて封印。
もう湿気は上がってこないでしょう。

そして茶色の土壁も、お決まりの珪藻土で塗り替えました。

この部屋は、まるごとウォークインクローゼットになる予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)