今年はカワラケツメイが森です。

投稿者: | 2019年8月27日

カワラケツメイ(河原決明 )という植物は、知ってる人は知ってるけれど、あまりなじみのない人が多いのかもしれません。

山扁豆(さんぺいず)とか、ハマ茶とかマメ茶とか弘法茶とか、地方によって呼び方はいろいろだけれど、もとはこのカワラケツメイの葉や茎や豆を干して煎じたお茶のことです。

田舎の食堂とかうどん屋とかのお茶が、実はこれだったりすることがよくあります。野草茶の割には特にへんな癖もなく、割とおいしい部類のお茶です。

どこにでも生えてるわけじゃなく、最近では帰化植物におされて希少植物になっているようです。田んぼにもこれとよく似た植物が生えていたりするのですが、それはクサネムといって、まったく違うものだったりします。

もともとウチの敷地には生えていたのですが、先日チョンボで開墾した新しい畑に、今年はこの カワラケツメイが 大繁殖したのでした。

カワラケツメイの森です。
まさに「売るほど」あるのですが、いったいどうしたものか。

林のオクラも、まだまだ元気です。

ゴーヤも絶好調。

ウチは無農薬・無肥料なので、ゴーヤはそのまま洗わずに生で塩もみして食べるのが、新鮮で一番おいしい。

柿も今年は生り年みたいです。

ウチの柿は 「ハッキリ」が多いのです 。
甘柿系なのですが、同じ木でも、ものによって渋い。 はっきりしないので、ハッキリというのか、そこがはっきりしないのですが、口に入れて渋だったらぺっぺっと吐き出して、甘いのだったらラッキー、ということでおいしくいただきます。

イチジクもぼちぼち大きくなってきました。

今日は雨、しばらく梅雨のような天気が続くようです。
それとも、秋の長雨というやつなんでしょうか。
まだ8月なんだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)