太極拳のこと

投稿者: | 2019年10月8日


太極拳は、もう十数年前に数年間教室に通っていたことがあって、
それからは、引っ越しをしたり何やかやで、
時々、自分で記憶を辿っては套路を踏んだりしていただけでした。

それが昨年、昔習った先生に再び習うことになった。

しかし、時が流れて、たぶん自分の生活や身体が変わったせいかもしれません。
套路の指導を受けながら、「これは何か違うな」と。

太極拳の教室は全国にたくさんありますが、
陳式とか楊式とか、ほとんどは形を覚えるだけのところが多いようです。
それでも、健康にはずいぶんいいと思うのだけれど。

私としては、ただのカルチャーはもうどうでもよくて、
今さらは、本当の事を知りたい。本当の事だけしか知りたくない。

そう思い始めたら、
伝統武術としての、本質的な身体の使い方を指導している先生に出会った。

太極拳でよく言われる、「氣」や「勁力」というものは、
本来誰にでも備わっているもので、
ただ、それを意をもって引き出せるような身体の使い方がある、
ということだけなのです。

それは言葉にすればいとも簡単で、
立ち方や歩き方、身体の中心軸、そういったことです。
真実は常にシンプル。

ここにきてそのことがわかってきたので、だいぶ霧が晴れました。

でも、もちろん身体で覚えるのはまだまだ。
半世紀以上も日常的に慣れて癖のついた身体を、
その使い方を根本から変えるというのは、なかなかの至難。

套路は「練る」といいます。
太極拳は一生ものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)