アルミシートが役に立つ、とか。

投稿者: | 2019年10月22日


今日は晴れ間が多くて、
ウチの太陽光温水器、何度まで上がるか楽しみでした。

お昼頃までは27℃ぐらいで、さほどでもないなぁと思っていましたが、
日暮れ前に見ると、38℃まで上がっていました。

おお、
38℃というのは、ずっと手で触っているとちょっと熱いぐらいな温度。
なかなかいい感じです。

何といっても、太陽さえ照れば勝手に湯が沸いてくれるのですから、
これはかなり儲けもんな感じです。


でも、欲を言えばもうちょっと。
そのままお風呂に入れて温まれるぐらいには頑張ってほしいところ。

調べると、寒冷地で工夫している人がいて、
冬場も快適に使うために、真空管の集光率をあげる裏ワザがあるという。

その方法が、真空管の裏側にアルミシートを当てるというもの。
何と、これは簡単なので、すぐに実行。


なるほど、これだと太陽光の反射が受けれるし、
風の通り抜けもなくなるので、保温効果もあるかもしれません。


日暮れ前ぎりぎりに完成。
さて、これでまたどれくらい違うものか。

おかげさまで、
夏場はもちろん、晴れたら風呂を沸かす必要がなくなるので、
冬場ですね。
これからの冬場の頑張りに期待大です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)