そうだ、干し柿。

投稿者: | 2019年11月12日


見上げるとほとんど葉っぱも落ちて、
だいぶ赤くなった柿が、結構な数ついていました。
しかも、今年の柿はひと回り大きい。

この木はほとんど渋なので、そのままでは食べられません。
でも、干し柿にするにはちょっと熟し過ぎでしょうか。

とりあえず、獲ってみよう。

高枝ばさみを持って近づくと、そこで熟柿を食べていたカラスが飛び立ち。

高枝ばさみで柿を獲り始めると、
近くの高い木に止まってそれを見ていたカラスが、
「カー、カー、カー」とやたらに騒ぐ。

オレの柿を取るなってか、いやこれはそもそもオレのだし。
しゃーねーなぁ。
てっぺんの手の届かないやつは残しておいてやるよ。


高枝ばさみでチョッキン、チョッキン。
集めると70個近くありました。

それに皮を剥いてみると、
さほど熟れ過ぎてもなく、実もしっかり。

こりゃやっぱり吊るし柿だね。


この地では朝晩に霧が出るので、
実のところ、干し物はちょっと不向き。
いつもすぐにカビを生やしてしまうのですが。

ここのところ、いい感じで晴れの日が続いているので、
この調子なら干し柿がいけそうです。


そうして、それが終わったらタマネギの定植。

この時期にやりたいこと、やっておきたいこと、はたくさんあるけれど。

時間と都合を見合わせながら、
できることを、できる時に、できるだけ。

できないことは、また今度。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)