コロナのネタ

投稿者: | 2020年3月15日

news.yahoo.co.jp


イギリスは、
もはや感染拡大は不可避なので、国民の60%が罹患して集団免疫を獲得することでしか沈静化は図れない、という結論に達したようです。

死亡率を極力最小化するために、感染すれば重篤化する可能性のある疾病者や高齢者への感染には十分留意しながら、ゆっくりと感染者(後に免疫獲得者)を増やしていく戦略だという。

「新型コロナウイルス感染症の⼤半は、かぜのような軽い症状のまま⾃然に治 ってしまいます。」ということらしい。
新型コロナウイルス の感染力は絶大で、免疫力の低い人にはたいへん危険なのだけれど、それは毎年のインフルエンザでも同じことなので、そもそも馬鹿騒ぎするようなものでもないだろうに。
あるいはそうやって社会をパニックに陥れる実験をすることで、誰かにとっては何か得することもあったりするのかもしれない。

いやでも、そもそもこんなことでパニックに陥ってマスクやトイレットペーパーを買い漁る小市民が世界で続出すること自体が、誰かの思うツボというか、人間ってどうしようもなく哀れで間抜けだよなぁと思う。

どうせ外に出ても世界中どこも営業自粛してるんだから、 どうせならもうマスクなんか外して、各自この際早目に感染して、他には移さないようにしばらく自己隔離しながら、しばし自分を見つめる時間と抗体を作っておいた方がいいんじゃないかという気がします。

いや、どうせかかるんなら、の話ですよ。


あまりにバカバカしいなので、
コロナのネタ、ミルクボーイ調で作ってみました。

「コロナ」

「どーも、どもミルクボーイですー。お願いしますー。」

「あっ、ありがとうございますー、ねっ。今お客様からマスク100万枚をいただきました。」
「ありがとうございます。こんなんなんぼあってもいいですからねぇ。」

「ところでいきなりやけど、ウチのおかんが何か病気にかかったみたいなんやけど、その病名がわかれへんゆうねん。」

「病名がわかれへんって、ちゃんと病院には行ったんかー。」
「うん、病院には行ってんけどな。検査がでけへんからはっきりとした病名はわからんって。」
「えー、病院に行ったのに検査してもらわれへんって、それどういうことなん。」
「そやねん。そやけどとりあえず風邪薬はくれたらしいねん。」

「そうかー、ほなわかった。それやったら、東大医学部を首席で卒業したこの僕が、君のオカンの病名を診断してあげるから。ちょっとオカンの症状を詳しく教えてくれるー?」

「オカンがいうには、37.5度以上の熱が4日以上続いて、咳も出て辛いらしいねん。」

「新型コロナウイルスやないかい。その特徴はもう完全にコロナウイルスや。」

「新型コロナウイルスに感染すると、37.5度以上の熱が4日以上続いて、肺もやられるからねぇ。息切れがして咳も出るのは、それは典型的なコロナウイルスの症状やから。コロナに決まりや。すぐわかったやんかこんなもん。こうなったらオカンをすぐに隔離せんとあかんのんとちゃうー。」

「いや、わかれへんねんて。オレもコロナちゃうかと思てんけどな。オカンがいうには、最近はずっと外には出てなかった言うねん。」

「ほな、コロナちゃうかー。」
「コロナというのは、飛沫感染、接触感染が主な感染経路やからね。外出して人に会うことがなかったんやったら感染することはないのよ。コロナというのはそういうもんやから。うん、他になんか言うてなかったー。」

「オカンがういうには、外出はせんかったけど、家でパーティーをしたっていうねん。」
「外出はせんでも、パーティーはしたらあかんからね。パーティーというのは、複数の人が接近してわいわい話をしたり、大皿の料理をみんなで分けて食べたりするもんやから。もし中に感染者がいたら、そこで感染がいっきに広がってクラスターになる危険性があるからねぇ。それはコロナの可能性が高いんちゃう?それで、そのパーティーにはどんな人が来てたん?」

「オカンがいうには、海外勤務の奥さんが各国から1年に1回日本に戻ってきてみんなで集うパーティーやったっていうねん。」
「どうでもええけど、君のオカンは意外とセレブなんやねぇ。」
「その状況からすると、コロナの可能性がものすごい高いんとちゃう。新型コロナというのは、中国の武漢から始まって、今や全世界に蔓延しているウイルスやからねぇ。海外からの帰国者は特に感染のリスクが高いのよ。そらコロナに決まりや。」

「いや、わかれへんねんて。オレもコロナやと思てんけどな。オカンがいうには、奥さんらが帰国してから、2週間以上は経ってたゆうねん。」

「ほな、コロナとちゃうかー。」
「コロナというのは、疑いがある人を2週間隔離して様子を見て、それで症状が出ない場合は開放されるからねぇ。コロナというのはそういうもんやから。うん、ほなもうちょっと詳しく教えてくれるー。」

「オカンがいうには、その時はみんな無症状やってんけど、最近になって37.5度以上の熱が出て、咳をする人も出てきたゆうねん。」

「コロナやないかい。その経過は完全にコロナ感染者の症状やからねぇ。新型コロナは検査して一度陰性になっても、しばらくしたらまた具合いが悪くなって再び陽性になる人が出てくるんやから。そら絶対にコロナに間違いない。何でこんなんわかれへんのん。」

「いや、わかれへんねんて。オレも絶対コロナやと思てんけどな。オカンがいうには、龍角散飲んだらノドの調子がよーなったゆうねん。」

「ほな、コロナちゃうかー。」
「コロナは肺疾患やからね。龍角散とビオフェルミンは、子供が調子悪くてぐずった時のおまじないに使うもんやから。あの不思議に小さいスプーンで白い粉を飲まされたら、子供は何か治ったような気になるのよ。龍角散というのはそういうもんやから。そんなもんでコロナの症状がおさまることはないのよ。コロナやのにコロナちゃうって、これいったいどないなってんのん。うん、他にはなんかゆうてなかったー?」

「オカンがいうには、今でも手洗いとマスクだけは徹底してやってるて。」

「それは大切なことやねぇ。コロナの感染防止には、手洗いとマスクが基本なのよ。オカンがコロナに感染してるかどうかはわからんでも、感染を広げないためには、手洗いとマスクは徹底せんとあかんからねぇ。しかし、コロナちゃうかったらいったい何なんやろなぁ。」

「オトンがいうには、リューマチとちゃうかって。」

「そら、絶対ちゃうやろー。」
「もーええわー。ありがとうございましたー。」

 拍手。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)