ナルキッスス・バルボコディウム

投稿者: | 2020年3月25日


「ペチコートスイセン(学名:Narcissus bulbocodium)が開いた。
 ウチのは、背が低くてとてもこじんまりとしているけれど、
 どこかキリッとしたところがあって、小さな女の子みたいで愛らしい。 」

島根にいた頃には、ウラ庭にいろんな種類のスイセンが咲いていたんだけど、
その中でも一番のお気に入りがこれでした。

こちらに来る時に、大切に土ごと持ってきて、
それでもいくつ春を迎えても、もう姿を見かけることがなくなって、
てっきり絶えてしまったんだと思っていました。

それが今年になって、今頃になってポッと顔を出した。
そんなこともあるんだ。


お隣には、ムスカリのつくしんぼ。
このあたりは、いたるところにムスカリがはびこる。

土地土地で、いろんな植物の向き不向きがあるのがおもしろい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)