マンホールのかさ上げ

投稿者: | 2020年4月29日


そういえば、ユンボを借りてきて大きな穴を掘り、便槽を埋めたのは、
確か去年の5月連休が明けてからの事でした。

あれから、かれこれ1年が経つのか。

何やかやとヤボ用があり、
未だトイレと洗面所の工事には着手できておりませんが、
先日、何とその便槽が泥水で満杯になっているのを発見。

たぶん、マンホール面が少し低すぎたのでしょう。
周囲から雨水が少しずつ侵入して、一年で一杯になってしまったようです。

ま、使用前に気づいてよかったですけど。

なので、ポンプでこの水を全部抜いて、マンホール面のかさ上げです。
型枠を作って、バラスで底を固めて、中にワイヤーメッシュを敷いて。


さて、コンクリートを練り練り。

マンホールの周囲だけだからと、甘く見ていたら、
意外に量が必要な事がわかり、
砂とバラスを追加購入にコメリに走ったり。

ちょっとだから、手クワで混ぜればいいやと始めたが、
あまりに体力を使うので、
やっぱり撹拌機のお世話になったり。


わずかこれだけの面積なのに、
セメント1袋(25kg)、砂3袋(60kg)、砂利3袋(60kg)も!


かさ上げの丸い型枠をどうしようかと思っていたら、
大サイズの鉢受け皿がちょうどピッタシだったので、
これを上に被せて、動かないように重たい石を載せて作業しました。

明日は、この型枠を外してから、
マンホールの蓋枠をモルタルの上塗りで埋め込み、最終仕上げ。


夜中に、ミーチンとか、ムジナとか、イノシシとかに踏まれないように、
いちおう、ブルーシートで防御。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)