朝顔がいっぱい

投稿者: | 2016年8月12日

160811_asagao

今、ウチは連日朝顔がいっぱいです。
朝顔は8時までに起きないと開いた姿を見ることができません。

しかし、まだお盆前なのに朝晩がめっきり涼しくなってきました。
半袖半ズボンじゃ寒いくらい。
もう秋を通り越して、冬を思い出してしまう勢いです。

160811_himawari

でも、日中はとにかく暑い。
1時間も外に入れば倒れそうになります。
ヒマワリも全開です。

朝起きてダラダラしていると、
もうお日様がカンカンになって、外に出ることができなくなってしまいます。
仕方がないので、家の中で改修計画を練っていました。

古民家なのでいろいろと問題はあるのですが、
とりあえず雨漏りはしていないので、比較的のんびりとしています。
でも、使い勝手と住み心地を考えれば、
いろいろとあちこち直したい所はあるわけです。

大きなものとしては、
1.水回り(キッチン・トイレ・洗面)、給排水
2.土壁の補修、床・壁の防湿・断熱
3.家の歪み、傾き
・・・ほとんど全部か。

古民家なので多少の歪みは仕方ないと思うのですが、
ウチの場合、結構指差し確認できるぐらいに柱や建具が傾いています。
それも慣れれば問題はないのですが、
もし、このまま年々傾きが大きくなってきたりしたら、
ちょっと困るなぁ、と。

たぶん、北西角の柱が沈んでいるようなのです。

一度、床をはぐって見なくてはと前々から思っていたのですが、
もし、柱の下部がシロアリにやられていたり、
湿気で腐ってぐしゃっとなっていたり、
あるいは束石からはずれていたりしたら、やっかいだよなぁ、
と思って放置していました。

でもまぁ、そこを確認しないと進めないので、
今日は外側の土壁を覆っているベニヤをはがして、
いざ、その中を覗いてみました。

160811_hashira

お、意外と何ともありませんでした。
細い柱で心もとないのは別として、特に朽ちているわけではありません。
ちゃんと束石の上にのっているじゃありませんか。

だとしたら、地盤そのものが次第に沈下したということでしょうか。
あるいは移築して組み直したということなので、
そもそも建前をいい加減にやっていたのかもしれません。

これねぇ、しかしジャッキアップするのも大層なことになるしね。
まぁ、平屋だし、瓦がのってるわけでもないので、
たぶんすぐに倒れることはないから、このままいきますかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)