ひとつ結ぶひとつ開く

投稿者: | 2020年9月19日


キッチンの目処がとりあえずついたので、

(いや、目処がついたのは流しを置いた正面だけで、
 まだ引き戸やドアを取り付けたり、棚を作ったりしないと、
 このままでは風通しが良すぎて、冬が越せない。何とかしないとです)

さて、キッチンに続く部屋に下屋を出して拡張します。
キッチンに続く部屋だから、ダイニングなんだろうか。
拡張した下屋には、薪ストーブを据える予定です。

冬はストーブにあたりながら、
みんなでご飯を食べたり、お茶を飲んだりするだろうから、
やっぱりダイニングなのかもしれません。
フロアー続きのダイニングキッチン。


またもや壁を取っ払っちゃいました。
(この鴨居、ホントに外して大丈夫だろうかと。
 いきなり家が崩れてきやしないだろうかと、ちょっと恐れながら)

この何もない開放感はたまりません。
もう、このまま何もしなくていいような気にもなります。
しかし如何せん、それでは寒い冬が越せない。

ひとつ結ぶ、ひとつ開く、恋という名前の夏の花。

もう朝晩は長袖じゃないと寒い季節になりましたが、
昼間はまだ、窓を開けたままでも過ごせます。
夏の名残が消えないうちに、ここも何とか結んでしまわないと。


ということで、
今日からは下屋の造作にかかっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)