淡路ファーム 08.07.2021

投稿者: | 2021年7月8日


まさか、トマトまでやられるとは。


留守の間にウチの畑の柵が押し倒されて、
スイカやカボチャがのきなみ食い荒らされた。
こりゃいったい何者の仕業じゃろうか、と近所の人に尋ねたら。

「そりゃ、イノブタじゃ」、と。

イノブタ !? 
ここにはそんなもんがはびこっとるのか、とビックリ。
調べてみると、なるほど淡路は野生化したイノブタの被害が深刻らしい。

こりゃイカン。相手がイノブタじゃ倒される、
と思ってワイヤーメッシュの支柱を増やしたのでした。


これでひと安心と思った雨上がり。
そのワイヤーメッシュは無傷のままなんだけれど、
今度はトマトがやられているじゃないか。

最初は鳥かと思った。
嘴で齧ったか、爪で引っ掻いたか。
しかしよく見ると、どうも下の方ばかりが集中的にやられている。

やっぱりタヌキか、アナグマか、ハクビシンか、
それともカラスなのか。


ワイヤーメッシュで周囲を固め、
念のために、センサーライト付きカメラでも設置しようかな、
と思っていたところだが。

いやいや、それどころじゃない。
柵を無視してトマトまでやられた日にゃ、もうちょっと戦意喪失。

さほど山奥でもなく、近所にはコンビニもある住宅地なのに、
しかも、ウチなんか猫のひたい程の畑なのに。
なんでこれほど鳥獣被害に悩まされなくちゃいけないんだろ。

まったく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)