稲木が薪になって帰ってきた。

投稿者: | 2023年1月6日

ウチの納屋に、稲架掛け用の古い稲木がたくさんありました。
もう使わないので、納屋を整理するため切ってストーブの薪にしようと思っていました。

ところが、田圃で使いたいという人が現れたので、
そりゃ、燃やしてしまうより、使ってもらった方がいいと思って、全部あげた。
引っ張り出してみると、2tトラック山積みぐらいあった。

さて、これで今年燃やす薪がなくなったなぁと思っていたら、
今度は、近所の方から使わない薪を譲っていただくことになった。

そうして薪置場に行ってみたら、
何とものすごい量の薪が積まれてあった。
これだけあれば、毎冬ストーブを燃やしても三年はもつ。

全部きれいに切り揃えて、同じ太さに割って積んである。
これだけたくさんの薪。
山から切り出して、切って割って運んで積むのに、如何ばかりの労苦と日数を要したか。
ただただ感謝。何だか申し訳ない。

薪小屋の裏には、椎茸のホダ木が散乱していた。
もう誰も管理していないから、イノシシにでも荒らされたのでしょう。
倒れた木に残っていた椎茸もついでにいただきます。

せっかくなので、倒れたホダ木は、薪小屋に立てかけておきました。
まだ少しは椎茸もできるでしょう。

ストーブの薪と椎茸、これでしばらく安泰です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)