キバナヒオウギとカナカナ

投稿者: | 2023年7月25日

梅雨明けはしたみたいだが、蒸し蒸しとした日が続く。
キバナヒオウギが咲いた。

梅雨が明けたら夏土用。

アトリエの詳細設計がほぼ終わりに近づいてきたのだけれど。
風呂場がどうしても在来工法になるので、
コンクリートと木とのつなぎにアンカーボルトが必要になる。

基礎は鋼製束を立てて済まそうと思っていたのだけれど。
なら、いっそのことっ全部布基礎にするか、とか。

いずれにしても、
取り掛かりはユンボを駆使しての土木作業になるので、
開始はやっぱり8月の土用明けからか。

なら、いっそのこと秋に涼しくなってからでいいか、とか。

何にせよ、近いうちに草刈りをしないことには、
もう緑のジャングルに溺れかかってる。

うっとおしくも物哀しい夏の夕べ。
カナカナはヒグラシの擬声。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)